高齢者住宅はバリアフリーになっている

高齢者専用賃貸住宅というのは、名前の通り高齢者のための賃貸マンションということになります。
高齢化社会において、住宅においてもバリアフリーや介護を行うための設備が整っているということが求められているわけですが、すべての賃貸物件がそうなっているわけではありませんので、その中でも高齢者が暮らしやすいように一定の基準が設けられており、それをクリアしているものをそう呼ぶようになっています。
温泉付きのシニア向け住宅といったものもあります
高齢者円滑入居賃貸住宅の中でも、もっぱら高齢者のみを入居させているのが高齢者専用賃貸住宅、高専賃と呼ばれるところになります。
当初から介護サービスを提供する場所ということで作られた住宅制度というわけではなく、あくまで自立した高齢者を前提にしています。
ですから、その施設がやっている介護サービスがあるわけではないです。
住宅の設備としてバリアフリーになっており、また外部からの介護サービスなども受けやすいようになっている、というタイプの住宅になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です