高専賃に入居したけれど、高優賃の魅力は、今でも覚えています!

生活の範囲ならば十分に体が動く方から、軽度の要介護の方までが対象となるのが高専賃です。
高専賃は、高円賃・高優賃とまとめて、サ高専と呼ばれるようになってきています。
いわゆる、お元気な方向けの設備が整ったシニア向け住宅です
サ高専は、サービス付き高齢者専用住宅の意味です。
私は、徹底して安いものを探したいと考えて調べ上げていたのです。
私からすると、高円賃は、旧来のもので、高齢者でも入居が可能な一般の共同住宅という意味です。
ですので、私の選択肢からは、外れました。
理由は、高齢者が邪魔な存在にもなりうるからです。高齢者が一般の方のなかで共存するならば、共存のルールは高齢者にとって厳しいものであるからです。
高専賃のように高齢者だけの共同住宅ならば、高齢者を介護してくれる人たちがどれだけ活動していても、「邪魔だ」とも言われずにお互い様で済むからです。
高専賃の良さを知っておくべきだと思います。
しかし、この高専賃よりも費用的にかなり助かるのが高優賃です。
月額料金で比較しますと、高専賃がおおよそで5~50万円に対して、高優賃は5~10万円となります。
初期費用で比較しますと、高専賃が数百万円から数千万円なのに対して、高優賃は数十万円です。
高専賃と高優賃において、生活の範囲ならば十分に体が動く方から軽度の要介護の方までが対象なことなどは変わりませんし、介護も外からくることも似たような感じになっています。
高優賃にしたかったのですが、地域になかったために高専賃にしました。
かなり高優賃を探したので、「近くにあればよかったのに」と今でも少しさびしく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です