高専賃とはどういうものか

高専賃とは、「高齢者専門賃貸住宅」の略です。
高齢者居住法に規定されている高齢者円滑入居賃貸住宅の一部として、「賃貸住宅の全部または一部を高齢者に賃貸する」というものです。
高齢者に賃貸することを主目的としているので、より詳しい情報提供がなされており、優良賃貸住宅ほど厳格ではないものの、「居室面積・設備・サービスの有無の表示」などについて規定があります。
そして、高専賃というと健常者しか借りられないと解釈している人も多いですが、実は介護が必要な人限定の所などもあります。
実際、多くの高専賃では、訪問介護事業所を併設するなど、ある程度の介護サービスを提供できる準備を整えていることが多いようです。
また、有料老人ホームとは、「食事提供」において違いがあります。
有料老人ホームの場合、「3食+おやつ」というのが基本ですが、高専賃の場合は「朝だけ」「朝夕だけ」というように、施設によって異なるので、事前のチェックは必須といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です