『高齢者専用賃貸住宅』ってどんな施設

高齢者専用賃貸住宅とは、入居者を高齢者(自立可能、もしくは軽度の要支援・要介護認定)を対象にした賃貸住宅のことでと呼ばれています。ただ2011年には、「高専賃(こうせんちん)」が廃止されて、取扱い物件数も減少していますが、現在も募集している物件も少なくはありません。一概に、「高専賃(こうせんちん)」だからと言って避けるのではなくて、どういうサ-ビスを受けられるかを確認することが大切になります。

いわゆる高齢者専用賃貸住宅は、介護福祉施設ではありません。行政の決める明確な規定がほとんどないため、サービスの内容や住宅内の構造、使い勝手は物件によって大きく異なるので、下調べが必須となります。ただ、高齢者が契約しやすく、住みやすいように考えられた物件であるのは間違いないです。
高齢者専用賃貸住宅のメリットは、収入がなく、イレギュラーなトラブルも多い高齢者でも契約しやすく、生活しやすいように作られています。いわゆる普通の賃貸物件なので、ご夫婦、パートナーと同居もできます。逆にそのデメリットというと、体調を著しく崩したり要介護度が上がると、有無を言わさずに出て行けということになります。これは、実際は厳しい事柄になります。このあたりを見極めて、新しい法令で定められたサ-ビス付き有料老人ホ-ムをにらみながら、入所の検討をすることが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です