高専賃選びでは、施設内容の確認を

今は、元気な老人であり、何の介護も必要ないけれども、そろそろ高齢者専用住宅に入る方が、生活様式も慣れるようになってくると思って、入居を考えることにしました。「高齢者専用住宅なら、サービス付きのほうがいい」という話を聞いたことがあり、調べてみました。「サービス付き」の場合には、必要に応じて、サービスをカスタマイズできる感じになっているということです。このタイプであれば、「うちの母親(入居希望者)は、元気な老人だから、ピッタリだ」と思いました。

このサービス付き高齢者専用住宅の良いところは、安否の確認と生活相談サービスが必ず付いているので、必要なことであるので、とても安心できます。介護の必要が出てくれば、依頼すればよいのです。もう一点重要なのは、このサービス付き高齢者専用住宅でも、施設によって、設置されているものがちがってくることがあり、重介護まで入居していられなかったりすることもあります。いくら、サービスをカスタマイズできても、ないサービスがあれば意味がありません。

入居時には、必要のない範囲のサービスが施設のなかにどのようにあるのか知っておかないといけません。後々困るかもしれないので、利用可能なサービスや施設を確認するのが大変だったことが、選ぶ時に苦労したことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です