高専賃を探すことになったきっかけ

私たち夫婦が、高専賃を探すことになったきっかけは、夫婦揃って老年期にさしかかったからです。
私たち夫婦には子供がいないため、2人そろって年をとってしまうと、通常の賃貸を借りるのが難しくなるのではと思い、高専賃を探すことになりました。
そう思って、高専賃を探してみたところ、どうも、2011年10月に高専賃の制度が廃止されてしまい、現在はサービス付き高齢者向け住宅が主流になってきたことを知りました。

インターネットを使って、サービス付き高齢者向け住宅を調べてみたところ、夫婦2人で利用可能で、月々の利用料も、何とか2人の年金で賄えそうな物件を何件か見つけることが出来ました。
都会から少し離れるところも多く、見学に行くのも、電車をつかうことが多く一苦労でした。

そんな、苦労の末、いい物件を見つけて契約をしようとすると、身元引受人と、連帯保証人を求められて、とても困った覚えがあります。
結局、私の弟と、弟の子供(姪)に保証人になってもらい、入居することが出来ました。
親族との交流をある程度しておかないと、先々困ることになるので、これから入居を考えている人は注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です