独り暮らしの父に高専賃を検討中

私の父は現在、田舎の一軒家に独り暮らししてます。
そこは家族六人が住んでいたのですが、父にとっての娘三人は嫁ぎ母や妻は亡くなり、結果一人で残る形となりました。
娘である私たち姉妹としてはまだ元気な父は独り暮らしも大丈夫な気もしますが心配もあります。
かといって誰も引き取る事は難しいため、考え始めているのが高専賃についてでした。

高専賃つまり高齢者専用賃貸住宅はまだ自立している父にとっては今後の生活の候補の1つです。
ただ本人はあまりそうした高齢者専門の集合住宅での生活を望んでいないようなのです。
もちろん高血圧もあるし風邪ひいたりした時に独り暮らしだと困る事はあるようです。
でも普段は自分で犬の散歩して買い物してゴミ出しして、と不自由してないのにわざわざ毎日他人が近くにいる生活になるのはと思うのでしょう。

娘たちは自分たちの安心のために父に高専賃はどうか、と思っているけれど本人が望まないなら難しいかなと感じてます。
父は気難しい所があるし他人と共有する場があったりする住宅だと気を遣うから嫌なのも分かります。
娘である私たちとしては、高専賃はもしもの場合の候補として取っておくしかなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です