本人が住みやすい高齢者専用住宅を

高齢者専用住宅について、知り合いと良く情報交換した結果として、考えでしたのは、月額が18万から22万円くらいでも、私の家の場合において、介護型の方がよいとなりました。一般型の方は、5万円からあるけれども、地域的に競争率が高くて、なかなか入れない状況があります。ならば、介護型の低価格帯で努力した高専賃が、重介護になっても利用できるので、良いとの結論でした。確かに初期費用だけは、数百万円となり、費用面で一般型よりもかなり高めですが、のちのち重介護に変わることも考えると今から入居しても同じことであると思いました。

サービス的には、スタッフのサービスが受けられるのが、介護型なので、いつも高齢者専用住宅に通って本人の様子や、不都合などを確認しなくてはいけないこともなくなります。その分時間の都合がつく時には、ゆっくりとゆとりを持って会いに行くこともできるのです。そして、介護が必要になった度合いに応じて、建物内のスタッフさんがサービスをしてくれるので、日ごろから、私がスタッフさんと相談しながら、本人は、安全に暮らしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です