価格帯も様々な高齢者専用住宅の選び方

最近になり、本人の申し出により、一般型の高齢者専用住宅に入居するように考え始めました
まずは、費用面で検討してみたところで、月額5万円から25万円くらいまでの格差がありました。

同時に、保証金などの初期費用も数十万円というなかで、設定価格には、かなり違いがあります。
この時に考えたのは、月額15万円まで費用がかかるなら、介護型の高齢者専用住宅が利用可能な価格帯になるので、重介護の域になっても、その住宅で対応してくれることから、介護型にしようと決めました。

確かに月額の高い設定の一般型の高齢者専用住宅でも、その多くは、住み心地もよさそうですが、それよりも、まさかの時にも安心であり、重介護になって住み替えが必要になるならば、コストが必要なくて、そのまま住んでいられるところの方が良いと思ったからです。
本人も、重介護になって「引っ越しして気苦労しているのもつらい」ということなので、本人も気に入りになっている介護型の高齢者専用住宅に決めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です