年別: 2019年

終身でいられる高専賃には、便利な利用権方式があります

サービス付き高齢者専用住宅に入りました。このタイプの場合には、要介護の度数が高くなると別の施設に移動させられることも、多いようですが、何と言っても、よかったのは、要介護5であってもいられることです。しかし、このタイプは少..

高齢者用の住宅のサービスなどについて

自分に合った老人ホームを探すことは、なかなか難しかったりするわけで、それは支援とか介護が必要であるからこそ、そうした施設を探しているからであり、それに対応するところであるのかどうかというところに探すときのポイントがあるか..

高齢者専用賃貸住宅の変遷

2011年に、サービス付き高齢者向け住宅制度の創設等が公布され、高齢者専用賃貸住宅、いわゆる高専賃の制度が2011年10月で無くなってしまいました。同じタイミングで高齢者専用賃貸住宅のほか、高齢者向け優良住宅(高優賃)、..

高齢者専用賃貸住宅について

高専賃は高齢者専用賃貸住宅のことで、サービス付き高齢者向け住宅とも呼ばれています。ほとんど自立した生活ができている高齢者や、要介護でも軽度の認定を受けている高齢者が入居可能とされています。身の回りのことが自分でできること..

高齢者住宅はバリアフリーになっている

高齢者専用賃貸住宅というのは、名前の通り高齢者のための賃貸マンションということになります。 高齢化社会において、住宅においてもバリアフリーや介護を行うための設備が整っているということが求められているわけですが、すべての賃..

高専賃の費用について

高専賃へ入居するためには、費用はどのくらいかかるのでしょうか。高専賃の費用は、「初期費用」と「月額費用」に分かれています。 初期費用は、敷金や礼金など。 月額費用は、入居後に発生する食費や居住費などの生活費です。 また、..

高専賃に入居したけれど、高優賃の魅力は、今でも覚えています!

生活の範囲ならば十分に体が動く方から、軽度の要介護の方までが対象となるのが高専賃です。 高専賃は、高円賃・高優賃とまとめて、サ高専と呼ばれるようになってきています。いわゆる、お元気な方向けの設備が整ったシニア向け住宅です..

高専賃とはどういうものか

高専賃とは、「高齢者専門賃貸住宅」の略です。 高齢者居住法に規定されている高齢者円滑入居賃貸住宅の一部として、「賃貸住宅の全部または一部を高齢者に賃貸する」というものです。 高齢者に賃貸することを主目的としているので、よ..

高専賃でのトラブルの回避も実現したい。

サービス付きの高専賃が良いと思っており、探していた時代に大変に気にしていたのは、老人ホームへ入居後のトラブルです。 老人ですので、窃盗にあったり、イジメをされてたりするのではないかと心配していました。 最近において、福祉..

『高齢者専用賃貸住宅』ってどんな施設

高齢者専用賃貸住宅とは、入居者を高齢者(自立可能、もしくは軽度の要支援・要介護認定)を対象にした賃貸住宅のことでと呼ばれています。ただ2011年には、「高専賃(こうせんちん)」が廃止されて、取扱い物件数も減少していますが..