高齢者への家賃補助と向いている人

  高専賃入居は、「団体生活」に不安がある方や、プライベート空間をしっかり確保したいと思う方に向いています。
完全個室になっている有料老人ホームでも、部屋を開ければリビングだったり、入居者や職員が往来しています。物音に敏感な方だと苦痛に感じることもあるでしょう。
高専賃のスタイルはマンションやアパートのようになっていますので、居室と廊下は、扉で仕切られています。トイレや洗面台は必ず付いていますので、部屋を出て用を足さずにすみます。浴室や簡易キッチンがあればご自宅にいるように過ごして頂けます。
さて、このような快適な空間に住まうには、月々の費用も心配でしょう。
有料老人ホームのように月に10万円程度かかるというものではありませんが、年金で暮らしているとなると出費は抑えたいものです。
高齢者にうれしい制度には、収入によって高齢者家賃助成サービスというものがあります。この制度は自治体によって変わりますので、お住まいの老人福祉課などで問い合わせてみると良いでしょう。
他にも家賃を補助してくれる制度がありますが、こちらは高優賃(高齢者向け優良賃貸住宅)を借りる方を対象に、地域住宅交付金制度等で家賃の減額に要する費用について助成されるものとなっています。