高専賃とは

新しく創設される「サービス付き高齢者住宅」を語る前に、廃止される高専賃について説明したいと思います。
高専賃は高齢者専用賃貸住宅のことで、高齢者だけが借りられる賃貸住宅のことです。
施設ではありませんので、アパートやマンションのように、高齢の方々が各々、居を構えるものとなっています。外出も自由ですし、食事も自炊できますので、自由に過ごすことが可能です。
建築基準も設けられており、段差のないバリアフリー、居室面積は25平方メートル以上、非常通報装置、交流可能な空間(リビングのようなもの)と、常駐スタッフ、必要な場所に手すりやバーが取り付けられ、浴室やトイレも車いすに対応できるよう広々としています。ちなみにトイレは「水洗便所」というのが基準です。
高専賃の良いところは一般の賃貸住宅のように、敷金や家賃、サービス提供のための管理費や生活にかかる水道光熱費で生活できることです。食事代金は全て自己負担となり、介護を望む方は介護事業所と契約で、併設された事業所、希望の事業所から選ぶことができます。
対象年齢は概ね65歳以上とされ、介護が必要でない方も、必要な方も入ることができ、お一人でもご夫婦でも入居することが可能です。