紹介をしてもらう

  高専賃の紹介を受けることには、まずご自身が高齢者であることが前提となってきます。この施設は高齢者に特化した、公共機関制定した規準を満たした賃貸住宅物件ですので、若い方などは入居できません。紹介を受けることに関して、高専賃には「高齢者として入居が拒否できない」とあるために、高齢者で、しかも他の賃貸物件などには住めないような条件下で案内されることがあります。
紹介機関としましては、公共機関のどちらかというと住宅供給をしているような部署での案内を受けなければなりません。一般的な老人ホームなどとは違い、バリアフリーは整えられている物件は数多くありますが、介護が非常に必要な場合や、大きな障害を持っている場合などには、高専賃はあまり適しません。あくまでも高齢者が生活していくための賃貸物件の側面を持っているために、年金の受給額や、貯蓄などと相談して、公共機関の方から、老後を生活していくための高専賃を教えてもらうこととなります。
入居に関しては、紹介も入居条件もかなり選択肢が多いために、よりよい物件を教えてもらうためにも、今後の生活スタイルをどのようにしていくのかを、しっかりプランを立てておくことがよいことかもしれません。